防水工事

  • TOP
  • 防水工事

防水工事の必要性

防水工事の必要性

建物は紫外線や雨風の影響や建材の経年劣化が進むと防水性能が低下していきます。
この状態を放置しておくと、屋内に雨水が浸入して建物にダメージを与え、建物の寿命を大きく削ってしまいます。

建物を長持ちさせ、浸水を防ぐには定期的な防水工事がもっとも効果的です。建物の屋上やベランダなどにはウレタン塗膜による防水工事。サッシと壁面の隙間などにはシーリング工事を施すことで浸水の影響を防ぐことができます。

ウレタン防水

ウレタン防水

当社では、建物の屋上やベランダ、壁面を防水にはウレタン防水を使用します。
ウレタン塗料を複数回塗布することで厚い防水膜が形成されます。塗料の為、凹凸など複雑な形状にも対応でき、壁面の塗装に最適です。ウレタンは、紫外線に弱くそのままではすぐに劣化してしまうので、最後にトップコートを塗って防水膜を保護する必要があります。
防水膜は約10年~13年。トップコートは6年~7年が塗り替えの目安です。最初の6年~7年目はトップコートの再塗装だけでOKです。

シーリング工事

シーリング工事

建物の壁材や窓枠(サッシ)など、構造物の間には継ぎ目があり、この隙間を埋めているゴムのようなものがシーリング(コーキング)材です。
シーリング材は継ぎ目に雨水などの浸水を防いでくれますが、劣化が進むとヒビ割れや縮みが生じて、防水性能が低下していきます。
シーリング材の耐久年数は約5年~10年です。浸水が生じる前に既存のシーリングを撤去して新しいシーリングを施すことで防水性能を維持することができます。

お問い合わせ

お見積りは無料です。お気軽にご連絡ください。
TEL 042-446-1028     FAX 042-446-1028