外壁打診調査・タイル補修工事

  • TOP
  • 外壁打診調査・タイル補修工事

外壁打診調査とは?

外壁打診調査とは?

外壁タイルの劣化(ヒビ割れや欠損)を放置しておくと、タイルが剥がれ落ちて、事故や怪我につながり、損害賠償問題に発展してしまうケースがあります。このようなトラブルを事前に防ぐ為にも、外壁の定期点検は非常に重要です。

外壁タイルに大きなヒビ割れがあれば、見た目で判断できますが、タイルの浮きや微細なヒビ割れは判断できません。

当社の「外壁打診調査」は、打診棒を使ってタイルを1枚1枚打診し、タイルの浮きやヒビ割れを調査します。これにより、補修が必要なタイルのみをピンポイントで見つけ出し、修理が必要なタイルのみを修復する無駄のない補修工事を実現します。

外壁打診調査の流れ

外壁打診調査の流れ

外壁打診調査は作業員がタイル1枚1枚を打診して、タイルの状態を診断します。異常が見つかったタイルにはマーキングを行い、図面に劣化箇所をプロットし、調査報告書と合わせてお客様に提出いたします。

無足場工法が使用できる建物であれば足場は不要ですが、建物の構造で難しい場合は、足場や高所作業車を使用して作業を行います。

外壁打診調査だけを行うこともできますので、調査だけをご希望の場合は当社までお気軽にご相談ください。

調査報告書サンプル

調査報告書サンプル
調査報告書サンプル
調査報告書サンプル
調査報告書サンプル

なぜ外壁打診調査は施工ができる会社に頼むと良いのか?

なぜ外壁打診調査は施工ができる会社に頼むと良いのか?

弊社は外壁の工事全般を行っておりますので、職人の厳しい目で調査ができます。
タイルが浮いているか浮いていないかを判断するのはある程度誰でもできます。
しかし、タイルの浮きは陶片浮き、下地モルタル浮きの2種類があります。
この2種類の浮きを聞き分けるには実際に工事ができる職人でないと難しいのです。
また実際にタイル浮きの補修を行う場合、この2種類では工法も金額も異なってきます。
浮きの聞き分けができない業者が調査し、実際に工事を行ってしますと、工事の適正なお見積りができず、工事金額が合わず追加で料金が発生してしまう事態になりかねません。
外壁調査はとりあえず外壁の状態を把握したいという場合もありますが、殆どは近い将来、工事が必要か、または工事するとなればどれくらいの費用がかかるかなどを知る為のものだと思います。
ですので、外壁調査は調査の目的に合わせ業者を選定することが大事なのです。
弊社では調査後に必要な工事を提案させていただくことも承っております。
外壁打診調査のご用命は是非当社にお任せください。

タイル補修工事・クラック補修工事

タイル補修工事・クラック補修工事

外壁打診調査の結果、補修が必要と診断された箇所の修復工事を行います。

【タイルの浮き】

タイルが大きく浮いていたり、剥がれかけている場合は、浮いたタイルを一旦壁面から取り外し、接着用のモルタルで貼りなおし作業を行います。
浮きが軽微な場合は目地の部分に穴を空け、エポキシ樹脂を注入して固定します。

【タイルのヒビ割れ】

タイルに大きなヒビ割れや欠損が生じている場合は、タイルを取り外して新しいタイルを貼り付けます。予備のタイルがない場合は、既存のタイルと遜色のないものを用意いたします。
微細なヒビ割れはタイルの色に合わせたエポキシ樹脂を注入して補修します。

【クラックの補修】

コンクリートなどの壁面に生じたクラック(ヒビ割れ)は、エポキシ樹脂で割れ目を塞ぎ、壁面に馴染むようモルタルで平滑に仕上げます。最後に補修箇所が壁面と同じ色になるよう塗装を施します。

お問い合わせ

お見積りは無料です。お気軽にご連絡ください。
TEL 042-446-1028     FAX 042-446-1028