無足場工法とは

  • TOP
  • 無足場工法とは

無足場工法とは?

無足場工法とは?

建物外壁の修復工事は、小規模な作業でも足場を組む必要があります。しかし無足場工法では足場を組まずに作業を行うため、足場を組むコストが掛からず工事期間も短縮することができるのです。

■メリット

①足場不要で足場代がかからないので、
リーズナブル

足場の組み立て・解体の分の費用が不要になる為、工事費用を大幅に抑えることが可能です。
従来、部分的な作業でも足場が必要でしたが、無足場工法ではその心配もいりません。また、足場の設置に時間が取られることもないので、早急な修理が必要な場合でも、即対応することができます。

②足場の組めない場所でも
作業可能

建物と建物の隙間など、狭すぎて足場が設置できない場合があります。無足場工法であれば40cm程度(人が通れるスペース)があれば作業が可能です。

③足場を組まないから、速い!

無足場工法は、足場の設置・撤去が不要なので、工期期間を大幅に短縮することができます。お客様のご都合に応じて作業を中断・再開することも可能です。

④防犯面でも安心。工事中の
圧迫感もありません。

足場を設置した場合、第三者がその足場を使ってベランダなどに侵入することができる為、防犯面で問題があります。無足場工法は足場を設置しない為、このような心配はありません。
また足場やメッシュシートなど圧迫感を感じるものが無く、日差しや風通しを妨げることもありません。
作業時以外は平常と変わらない状況ですので、作業時以外は近隣への影響が無く店舗などの建物工事にも最適な工法です。

⑤ピンポイントの作業が可能

漏水などの局所的な工事でも、足場を設置せずに施工が可能です。
高い位置の部分的な塗装が必要な際、一から足場を組まなくて施工が可能な為、短期間で終わりコストも抑えられます。

■デメリット

①形状上、無足場工法で
作業出来ない建物がある

建物が下記の条件に当てはまる場合、無足場工法での作業が行えません。

・三角屋根の建物は作業不可。
※足場での作業も承っています。
・高層ビルの作業不可。
 ※14階程度まで作業可能。
・建物の一部が突出している(オーバーハング)箇所の作業不可。
・屋上にロープを設置するものがない場合の作業不可。
 ※笠木、パラペットにパラペットクランプ(特殊器具)又はアンカーを打ち込めれば作業可能

②施工後の確認が出来ない

無足場工法では作業員しか施工場所に立ち入れない為、施工主様が施工箇所を直接確認することができません。
※作業工程等の写真、作業報告書を作成し、ご確認いただきます。

③安全性に不安

「無足場工法」と聞くと安全かどうか不安と感じるお客様が多くいらっしゃいます。
当社では作業時のロープにメインロープと補助ロープの2本を使用。工具はすべて落下防止のカールコードで接続し、必要箇所には警備員の配置や、メッシュシートの設置を行っています。また、作業全般においては安全マニュアルに従い細心の注意を払って作業を行っております。

無足場工法の使用機材

無足場工法(ロープアクセス工法)に必要な機材はいたってシンプルです。
セミスタティックロープ、フルハーネス、下降器、作業に必要な工具類のみです。

作業を開始するには、建物屋上の手摺や丸環にメインロープ、補助ロープを2本設置して屋上より作業箇所に降下します。ロープを設置する部分が無い場合は、 笠木、パラペットにパラペットクランプ(特殊器具)又は施工主様の許可を頂いて、アンカーと呼ばれるロープ設置用の金具を敷設させていただく場合もあります。

セミスタティックロープ
セミスタティックロープ
PETZL フルハーネス
PETZL フルハーネス
PETZL アイディS
PETZL アイディS
PETZL アサップロック
PETZL アサップロック
パラペットクランプ
パラペットクランプ

お問い合わせ

お見積りは無料です。お気軽にご連絡ください。
TEL 042-446-1028     FAX 042-446-1028