無足場工法 モヤイ結び

涼しくなったのはいいですが、最近は天気が悪くて困ってしまいますね。

8月前半の残暑はどこに行ってしまったのでしょうか…(^_^;)

さて、今日は弊社の無足場工法でやっているロープの結び方を紹介します。

今回紹介するのはもっとも一般的な結び方でモヤイ結びといいます。

まず、ロープは屋上にある丸環等や貯水タンク等の架台に結びます。


今回は丸環があったので丸環に結びます。





①ロープを丸環に通します。





②ロープを降ろす方に輪っかを作ります。




 

③作った輪っかの中に短い方を通します。
※輪っかを作る向きによって下から通すか上から通すか変わります。私の場合は降ろす方のロープが上にくるように輪っかを作り、上から通しています。



 

④一度この形になっている事を確認します。
※上記で述べましたが、下から通すか上から通すかが逆になってしまうとこの形にはならないのでやり直します。





⑤輪っかに通した短い方を降ろす方のロープに下から絡めてもう一度輪っかに通します。






⑥最後に降ろす方のロープを引っ張れば完了です。




このように8の字みたいな感じになれば成功です。

こうなればいくら引っ張っても絶対にほどけることはありません。

画像等で説明すると難しく感じるかもしれませんが、理屈さえ覚えてしまえば簡単です。

私はもうこれを10秒かからないくらいで出来てしまいます。

理屈は輪っか作って通して降ろすロープに絡めて通した輪っかに逆から通す。

これだけです。

今回は丸環1点で説明しましたが、丸環は2点(2箇所)で結ぶのが基本です。

このモヤイ結びができるようになれば、いろいろ応用がききます。

以上。今回は一般的なロープの結び方の紹介でした。


問い合わせはお気軽にどうぞ。↓

お問い合わせ・ご相談はこちらTEL/FAX 042-446-1028

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お問い合わせ

お見積りは無料です。お気軽にご連絡ください。
TEL 042-446-1028     FAX 042-446-1028