外壁塗装における見積りのポイント!!

  • TOP
  • [豆知識]
  • 外壁塗装における見積りのポイント!!

外壁塗装を行なう上で、見積書はとても大きなポイントとなります。

今日は、外壁塗装工事の見積書の取り方や内容の見方などをご紹介していきます。

みなさんは、見積書を貰えばだいたいの事が全てわかると思ってはいませんか?

実は見積書の出し方は業者によって多種多様で、細かく記載されているものもあれば、そうでないもの。

その見積内容があっているかどうかさえ判断することがとてもむずかしいのです。 複数社見積もりをとっても、項目がそれぞれ一致しないことなど頻繁に起こります。

そこで、失敗しない外壁塗装を行うためにも、見積書の見方はとても重要なポイントとなります。

中でも、塗装工事以外の費用が含まれているかどうか、塗料の種類、塗りの回数はメーカーが指定している回数を塗っているか、塗装箇所の全てが見積書に記載されているかなど、確認をすべき大切なポイントが山ほどあります。

正しい見積書が書かれているかどうかは、満足のいく外壁塗装にとってとても重要な項目です。

見積書とは外壁塗装にかかる料金の詳細を示している書類であり、これを見る事によってどの部位にどれだけの料金がかかるのかも知ることが出来ます。

外壁塗装をしようと思った際に、一番に気になるというものがやはりその費用というものではないでしょうか。

一軒の家の外壁塗装をするということになった際に、どのぐらいの予算がかかるのかというような見積もりというのを行うことは非常に重要です。

費用に関しては、一般的に大体いくらぐらいというようなことが外壁塗装の口コミなどに書かれているということで見積もりをしないという人もいるかもしれません。

しかし、外壁塗装における塗料というのは、各施工会社によって利用されるものが違います。

そのため、きちんと下塗りをして仕上げるというような工程をとっている外壁塗装の会社と、下塗りをしないで行うというような場合に関してはかなりの費用の差が出てきますし、仕上がりの差があるというのも当然ともいえることになります。

といったことから、極端に安い見積りを出す業者には要注意です。安ければ安い方が良いと思いがちですが、『安い』の裏側には安い材料の使用や工程の手抜きなどが隠れているのです。

見積もりに関しては、遠慮せず、施工方法やどういった塗料を使用するのか、他の塗料にするとどのぐらいになるのかというようなことを業者さんに確認してみることがお勧めとなります。

しっかりと家を守り、塗装を済ませるということは責任として家主にも、施工業者にもあるので、お互いに納得できる費用というものや、施工方法というものを見積もりによって確認するということが非常に大事なポイントともなると言えるのではないでしょうか。

また、見積書を見るポイントとしてはまず木部や鉄部の料金を見てください。

木部や鉄部というのは外壁とは違う部分であり、本人の希望がなければ別に塗装をする必要のない部位でもあります。

しかしこの部分も一緒に塗装をすることによって家全体の見た目の美しさを保つことができるのです。

一般的に破風板、化粧銅差し、手摺りなどが木部や鉄部の部分です。

これらの部分も他の壁の外壁塗装と同じ塗料を使うので別に分けて計算をする必要もなければいちいち見る必要もないと思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、この部分は素材が壁とは全く違いますので違う塗料を使うのです。

大体は15年程度の耐久性を持つ外壁塗装材を使うことが多いのです。

ですのでこの部位については塗装材が違うことから別の計算になります。

そして計算方法ですが、大体1メートルあたりの施工価格になります。

施工する範囲が多ければ多いほど一メートルあたりの施工価格が安くなることが多いのです。

どれだけの範囲を塗装するのかをみて、自分の家の塗装範囲だと一メートルあたりどれだけの料金になるのかを調べてください。もしも区分が分からない場合には業者に聞いてください。

見積書の確認をすると間違いを見つけることができますので必ずチェックしてください。

最後のチェックポイントとして、ケレンが見積もり項目に入っているかを見てください。

古くなった塗膜をはがしたり、さびを落としたりする工程のことをケレンと言います。

外壁塗装をする上でかかせない項目です。古い塗膜の上から新しい塗装をしても、すぐに落ちてしまうからです。

手作業で行うのでとても時間のかかる作業ですが、これを省くとどんなに高級な塗料を使用してもその意味が全くありません。

人件費削減、工期短縮のため、ケレンをやらない業者が中にはあります。特にトタン壁・屋根、雨戸などの塗装がある場合見積もりをもらったら、「下地処理」や「ケレン」という項目がきちんと入っているかどうか確認しましょう。

もしもこの作業が入っていない場合には何故入っていないのかを聞いてください。またケレン作業が見積りに入っている場合でも実際にこの作業をしているのかどうかの確認をする必要があります。

ケレン作業は仕上がりに大きく左右する作業ですので必ず確認をしなければいけません。

見積りの通りの作業をしてくれているのかどうかを確認することはとても大事です。

遠慮なく業者にガンガン何でも聞いてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お問い合わせ

お見積りは無料です。お気軽にご連絡ください。
TEL 042-446-1028     FAX 042-446-1028