スムースエポ(ハンドスムーサー)外壁下地補修工事(外壁クラックひび割れ補修

  • TOP
  • [施工紹介]
  • スムースエポ(ハンドスムーサー)外壁下地補修工事(外壁クラックひび割れ補修

さて、今日は外壁クラック(ひび割れ)補修について書きます。

ちょうど今やっている現場でクラックがあったので、写真を交えながら施工事例を紹介します。


①施工前


一般的に外壁クラック(ひび割れ)補修はVカットが主流ですが、Vカットは見栄えが悪くなるので僕はあまりオススメしていません。


そこでよく僕が使ってるのはこちら↓スムースエポです。



クラックにガンを当ててエポキシ樹脂を注入するという工法です。

材料の詳しい説明はメーカーのホームページ を参照してください。

では、実際の施工をご覧下さい。
 

②まず、カッター等で塗膜を軽く削ります。(クラック幅がそれなりにあればやらなくてもよい。)

※この作業をやらないと上手く注入されず、表面にエポキシ樹脂が乗っかるだけになります。



③イヤーブラシ等でクラックのケレン。ケレン後エアーダスターで清掃。

④ガンを押し当てて注入します。

※一応注入なので、表面を擦るのではなく、しっかり押し当ててクラックの中にエポキシ樹脂を入れます。



⑤エポキシ樹脂をしっかり乾燥させた後に下塗り⇒中塗り⇒上塗りと塗装を施します。



⑥施工後



以上です。

スムースエポは楽で使い勝手は良いですが、材料の金額が若干高めです。


何かわからないことがありましたら気軽に聞いてください。↓

info@yasumura-gaisou.com





 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お問い合わせ

お見積りは無料です。お気軽にご連絡ください。
TEL 042-446-1028     FAX 042-446-1028