外壁下地補修のやり方!爆裂補修(無足場工法)

  • TOP
  • [施工紹介]
  • 外壁下地補修のやり方!爆裂補修(無足場工法)
爆裂とは、

コンクリート中の鉄筋が錆びて膨張することにより、コンクリートを破壊して表面まで露出する現象の事を言います。

この現象が起きているコンクリートの部分は、雨水等が漏水していることが多く、コンクリートの強度低下などの原因になりますので、すぐに対策が必要です。

鉄筋に沿って壁や柱などにひび割れが発生した際は要注意です。

爆裂がもたらすリスクは、ただ外壁を破損させるだけにとどまりません。

例えばマンションの高層の壁が爆裂を起こした場合、剥がれた数kgのコンクリート塊がそのまま落下する可能性もあります。

実際に爆裂による外壁崩落事故やコンクリート塊落下事故も発生しており、非常に危険なことが分かります。


では、今日は爆裂補修の施工の施工事例を紹介します。

①施工前
既に剥落した後でした。歩道などに面してる箇所ではないのですが、もし歩道の上だとしたらゾッとしますね。





②はつり
残りの脆弱箇所をはつって落とします。




③防錆プライマー塗布




④モルタル形成





⑤模様、色合わせ、施工後



正直、このサイズの爆裂補修を無足場工法でやるのはキツいです。


ということで、今回は爆裂補修の紹介でした。


このような無足場工法でのピンポイントの補修も承っております。


お問合せ、ご相談は気軽に何でも聞いてください↓

お問い合わせ・ご相談はこちらTEL/FAX 042-446-1028

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

お問い合わせ

お見積りは無料です。お気軽にご連絡ください。
TEL 042-446-1028     FAX 042-446-1028